営業メールの打ち方が分からない

最近になって急に指名客が少なくなって慌てていたわたし、普段は面倒見が良くて優しかったお店の店長も、「やる気ないなら系列の店に出張してもらうからな」と脅かしてくる、やっぱりあんた、わたしの稼ぎが目当てだったんだね…。

 

風俗店の店長だって営業成績が振るわなかったら、お店のオーナーに叱られるんだから、売れない風俗嬢の女の子がいたら自分が困るわけだしね、本当は良い奴なんだよあいつは。

 

おや、指名客が少ないというのに強気ですよねぇ、とツッコミを入れたくなった人もいるんじゃないかと思うけど、ジャジャーン!こっちには今までお店で接客してきた男性客のデータがたくさんあるから、チャッチャッと営業メールを送れば、その中の何人かはお店に来て指名してくれるはずなんだよね(期待感)。

 

男性客の連絡先を面倒臭がらずに記録しておいたのには、今は辞めちゃった先輩風俗嬢のお姉さんが御店に入店するときの研修で「あのね、こんなこと言うと悪いんだけど」と言う前置きのあとで、「あなたは見た目でお客を呼べるタイプじゃないから、接客した男性客のメールアドレスとか電話番号をきちんと控えておいて、営業を頑張ったほうがいいと思う」と言うありがたいお言葉を実行していたから。

 

見た目で指名が取れない風俗嬢と言うのはハッキリ言いすぎなんじゃないかなと思うけど、お店で接客する男性客の連絡先を聞いて、普段からメールやLINEなんかのSNSで連絡を取り合っていると、普段はあんまりお店に来てくれない男性客でも「たまには指名してやろうか」と思ってくれるみたい。

 

いくら営業するためにメールを送っていたって、せいぜい半年に一回しか来てくれるくらいだし、そんなんじゃ意味ないんじゃないの?と思う人は今からでもすぐに自分が接客した男性客の連絡先を記録しとくと良いですよ。

 

いくら頑張って営業していたって無駄なんじゃないの、と言う人は確かにいるかも知れないけど、そういう半年に一回くらいしか来てくれない男性が、もしも100人いたとしたら新規のお客さんなんかいなくてもいいくらいスゴイ数になるんじゃないかな。

 

わたしの営業はメールが中心です、LINEのライフラインで男性客と連絡を取りあってる女の子もいるけど、LINEは既読スルーが多くて心が折れそうになるし、男性客とプライベートで仲良くなれるのはいいんだけど、あまり仲良くなりすぎると逆にお店に来て指名してくれる回数が減ってくる気がする。

 

風俗嬢の女の子と仲良くくなりすぎてしまうと、逆にHな気持ちになれなくなることもあるそうだから(店長が言ってた)、普段からちょっとしたメールでお互いの気持ちが通じるようなお付き合いをするようにしています。

指名を作る会話テクニック

風俗のお店で働いている女の子にとって、自分を指名してくれる「本指名客」を一人でも余計に獲得することは大切な問題です。これから風俗のお仕事に挑戦してみようと考えている女の子たちに忠告しておきますが、お店に入店したばかりの新人風俗嬢の頃なら自分の指名客がいなくても、まぁ仕方ないことかも知れませんが、一人前の風俗嬢になってからでも指名客がいないようでは困っちゃいますよ。

 

もちろん、風俗店の方でも最初から指名客がいないのは当たり前ですから、入店してしばらくの間は指名を決めずに来店する「フリー客」を優先的につけてくれます、その期間の間に頑張って指名客を獲得することが大切なんです。

 

その新人の優先期間の間に接客した男性客がリピート客としてもう一度指名してくれると、今度は「本指名客」として指名料金を支払って来店してくれることになりますから、接客した女の子のお給料に指名料金のバックがプラスされることになります。

 

自分の指名客を増やそうと毎日頑張って接客しているのに、なかなか結果を出せていない女の子たちに、接客した男性が指名客になってくれる会話テクニックをご紹介しましょう、これで自分だけの指名客を作ることができるはずですよ。ここで、こちらの風俗求人で紹介されていたテクニックをご紹介しますね。

 

まだ自分の指名客を持っていない女の子の場合、接客する相手の男性は自分のお気に入りの女の子を決めていないフリー客です、ここが重要なポイントですよ、つまりその男性客のお気に入りの女の子に自分がなれるような接客をするのが、「またこの女の子を指名してみたい」と思わせることにつながるんです。

 

自分の指名客をつくろうと思ったら「お店の中だけでは恋人同士の気分」これが大切です、風俗のお店を利用する男性には若い女の子とお付き合いした経験の少ない人が多いので、こちらから積極的にアピールしていかないとなかなかこちらに心を開いてくれないことがありますが、風俗店の狭い個室の中で二人っきりになることでお互いの距離が近くなっているので、ちょっとした会話で自分にホレさせることができちゃいます。

 

男性というのは「自分だけは特別」と言うシチュエーションに弱いので、「あなただけだからね」とか「こんなこと話すの初めてなんだ」と言うフレーズを、会話の中にさり気なく取り入れましょう。

 

また、今日こんなことがあったの、と自分のことだけを話すよりも、わたしたちってなんだか話が合わない?と二人の関係を強調する話し方をするように心がけましょう。

 

接客した男性が家に戻ってから「あの女の子にもう一度会いたいな」と思わせることができたら、きっと次回は本指名のお客として来店してくれるはずですよ。